歯の黄ばみは市販のホワイトニング剤でどこまで落ちるものなのか?セラミック歯にしたいけど…。

過去の歯の黄ばみ汚れ、変色など普段の歯磨き粉では剥がすことのできない汚れを洗浄するには研磨剤入りのハミガキ粉を使うというのが当然のときもありました。ポリリン酸ナトリウム配合の着色汚れの化学分解は煩わしい工程をかけることもないし、わざわざ出向くこともなけば自分のペースで歯磨きタイムをチェンジすれば黄ばみやステイン汚れを白くします。カレーやビーフシチュー、コーヒー、ワインなど色の付いている食品にはほとんどといってポリフェノールなどの植物成分含まれているので、頻繁に食べているとこびりつくためハミガキでは取れない染みついた色となってしまう場合があります。

セラミックを使用すると一瞬にして白い歯と綺麗な歯並びを手に入れることができます。

ですが、カラートーンを欲張ると自分の肌色に一致しない歯の白さはかえって胡散臭いイメージを与えることがあります。近頃、女性誌やインスタでも紹介されているホワイトニングサロンが街中の小さなスペースにできていますが、これらはクリニックと同じ歯の漂白ではなくポリリン酸セルフ施術がこのサロンの特徴です。美歯を保つことは美容ケアと同じように当然のことになりつつあります。

むしろ、メイクや髪型に時間を気を遣ってどれだけ着飾ったとしても歯が汚ければ台無しに歯科医の現場でも使用されているポリリン酸ナトリウム系の成分が主成分の歯を美白する製品が話題となっていて美容ライターさんなどもブログやSNSでで紹介したり流行りのホワイトニング剤となるとポリアスパラギン酸配合の商品がよく売れています。

ポリリン酸は化学分解でステインや黄ばみを落とすことから研磨剤ははいっていません。どちらかというとリンゴ酸とポリリン酸で反応させてこすらずとも汚れを落とします。

ステインをこそぎ落とす歯の黄ばみケアグッズをやったことがありますか?通販などで販売しているヤニ・ステイン用消しゴムはハミガキでは落ちないしつこい汚れを部分的にきれいにします。研磨とにています。

習慣的な口内ケアと同じように無意識にホワイトニングすることが出来るのであれば、これに越したことはありません。ポリアスパラギン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤になるとそれが出来てしいます。

電動ブラシを使う場合にはチューブ歯磨き粉を使って磨くよりも電動ハブラシ専用のホワイトニング剤ジェルで磨くほうが汚れの付着原因となるキズを付けないようにステインケアできます。

かかりつけのデンタルクリニックでは単純な歯の変色落としをしてくれるところもありますが、しつこい黄ばみや変色はなかなか落ちるものでもないです。歯のホワイトニングケア製品は美歯にするのはもちろんポリリン酸の入っている製品は歯槽膿漏、歯肉炎の予防、そして細菌の殺菌作用により口臭の予防までしていくれるのでオールインワンで口内ケアができてしまいます。

ホワイトニングで人気があるのはセラミッククラウンというもとの歯を覆うように被せてしまう歯科医院などでもすすんでいて質感などもセラミック以外にコンポレッドレジンやジルコニアなどの人工ダイヤを使用したセラミックや話題なのがイーマックスセラミックといってニケイ酸ガラスセラミックといって澄んだ歯の白さを実現できた新素材のセラミックも登場していて価格もジルコニアなどよりも安価であることからさらに、値段もジルコニアよりも安くつくれることでセラミッククラウンをはじめるひとも多くなっているの現状です。ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤だと落ちにくいステインの付着や黄ばみを除々に除去していきながら、ステインの原因の再付着を防ぐので清潔感のある白色を長持ちさせることができます。歯の漂白は施術費用に数万円の費用がかかると思っておいたほうがよいでしょう。

ブリーチングは納得いく歯の色にするまでには強いお薬を使わなけれなりません。

いっぽうで最近流行りのポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウム配合のステイン除去剤には汚れを分解しながら落とすものが出ていて効果もあることから密かに若い人のあいだでも人気となっています。

NEXT≫歯の着色を分解するステイン除去グッズについて…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です